お祝いで贈る【胡蝶蘭の相場】をズバリお答えします!

 

「お祝いのお花」と言えば胡蝶蘭が一番に挙げられると思いますが、
近所のお花屋さんにも置いてあるし、ネットショップでもたくさん売られている昨今、
「どの胡蝶蘭を贈れば良いかわからない・・・」と言うお客様の声をいただきます。

 

確かに、年々胡蝶蘭の種類も増えてきましたし、サイズも本数もマチマチです。
特に、初めてお祝いのお花を贈られる方は何を基準に選んで良いのかわかりにくいですよね。

 

ここでまず押さえていただきたいポイントは、開店祝いや開業祝い、移転祝いなどのご用途であれば、胡蝶蘭の色は「白」をお選びください。

 

最近ではピンクや黄色、真ん中が赤いリップなども出てきてバリエーションが増えました。
実は、当店でも随時取り扱いはしておりますが、やはりお祝いの際のお花としては
「白」が一番ふさわしいと言えます。

 


「白」の胡蝶蘭は、その姿がとても美しいです。
何色にも染まっていないその姿は、新しいスタートを切られる方にふさわしい
清々しいイメージを与えます。

 

また真っ白ですと膨張色になりますので、印象がより大きく感じられます。
開店祝いなどですと、多くの取引先などからお祝いのお花が届くと思いますので、
やはりその中で目立つ事が大切ですよね。
そんなポイントからも、ぜひ純白の「白」をお選びください。

 


さて、一般的なお祝いの品ですと相場はいくらくらいになると思いますか?
これは相手との関係性によって変わってくると思います。

 

贈り先が一般的な取引先の場合、10,000~30,000円
重要な取引先の場合は30,000~50,000円が妥当だと言われています。

 

ここでまた重要となるポイントは、贈った相手にアピールしたいかどうかです。

 

純粋に、ただお祝いの気持ちを届けるだけでしたら、上記の相場で充分だと思いますが、
特に重要な取引先であれば、やはりアピールしたいところだと思います。

 

その場合は、ぜひもう1ランク上の胡蝶蘭をお選びください

 

と言うのも、開店祝いや開業祝いでは、ほとんどが胡蝶蘭を贈られると思います。
その中ではやはり埋もれてしまう確率が高いです。
目立とうとして違う花や、カラーの胡蝶蘭を贈った場合、配置のバランスを考えて
隅っこや別の場所に置かれる恐れがあります。
それではお祝いのお花を贈った意味が半減してしまいます。

 

正統派に攻めるのであれば、相場よりも1ランク上の胡蝶蘭をお選びください。


ただここで問題なのが、お店によってランクと価格の差があることです。
同じ3本立ちでも輪数が違っていたり、そもそも花の大きさが違う場合があります。

 

胡蝶蘭の花の大きさはだいたい、「大輪」「ミディ」の2タイプに分けられます。
当店でもこの2種類を主に取り扱っておりますが、花の咲き方が不揃いに咲くタイプも
ありますので、それぞれのお店のイメージ写真を良く確認してください。

 

ちなみに当店は独自の技術を更に駆使した生育方法で、すべての花が綺麗に
正面を向くようになっております。
「不揃い」と言う言葉自体が門出には不向きだと思いますので、
やはりこちらも正面を綺麗に向いているものをお選びいただきたいと思います。

 

さて、この2タイプの胡蝶蘭で比べる場合、もうすでにお分かりだと思いますが、
「大輪」が大切な贈り先へ、「ミディ」はお身内などの親しい間柄の方に贈られるのが
良いかと思います。

 

次にお選びいただく指標として、本数と輪数があります。

 

先ほどの相場ランクで言えば、一般的な取引先の場合、3本~5本、
重要な取引先の場合は5本~7本が妥当です。

 

輪数で言えば3本の場合35輪前後、5本であれば55輪前後、7本は70輪前後が
良いでしょう。

 

以上を加味して、当店の胡蝶蘭をおすすめするならば・・・

 

★一般的な取引先の場合

 

【プレミアム】大輪胡蝶蘭 3本立ち 37輪前後 白

 

<<おすすめの1ランク上の胡蝶蘭>>
【エクセレント】高級大輪胡蝶蘭 5本立ち 55輪前後 白

 

 

★重要な取引先の場合

 

【プレミアム】高級大輪胡蝶蘭 5本立ち 60輪前後 白

 

<<おすすめの1ランク上の胡蝶蘭>>
【プレミアム】最高級大輪胡蝶蘭 7本立ち 白

 

ぜひ、ご参考ください!